スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【VR】5人の激カワJKが僕の生チ●ポをガチ争奪戦!!即ハメ5連続中出しSEXスペシャル!!【妄想】

講演のしごとが多い。

大学や専門学校。高校。

学生相手に講義をさせていただく。

ここは講義棟、控室の教室。

講義が終わり、生徒たちはほとんど帰った。

なんとなく教室の雰囲気にひたっていると。。




「あー!見つけた〜!」

れな「あたし、ずっとずっとま前から先輩のことが好きでした!付き合ってください!」

そうイッて差し出されたのはラブレター。

るか「ちょっとまって!だめ!!」

  「先輩!あたしの方がずっとずーっと前から先輩のこと大好きでした!」

アイリ。

りおな。

みく。

次から次へと、告白される。

いったいなんなんだ今日は。

揉めに揉め。

僕が誰と付き合うのか、
誰が一番気持ちよくできるのかで決めることに。

順番にキス。

みんなそれぞれ可愛いし。決められない。

服を脱がされ。



乳首をなめられ、股間をまさぐられる。

この時点でもうわけがわからず頭がついていかない。


気がついたら半裸にされ、ギンギンに熱り立ったちんぽをしごかれている始末。

だめだ。頭はついていかないがとにかくきもちいがいい

可愛いJK5人に。
順番にパンツや体をを見せつけられ乳首をいじられちんこをしゃぶられる。犯されてる気分だ。
まさか、最後までやったりしないよな。。わずかに残った理性で少しでも冷静に考える。

さっきまで隣の教室で真面目な講義をしていたのに。
いったいなんなんだこれは。

軽いパニック。夢でも見ているのか。

誰のおっぱいが一番綺麗がでもめる。

誰のおしりが一番かでもめる。

とにかくJKは元気だ。。

記憶があまりないが、とにかく最後はアイリの口にいっぱいぶちまけたのは覚えている。。

嬉しそうなアイリの可愛い口から僕のザーメンが滴りおち、他のみんなにお掃除してもらったのを覚えている。。

【VR】空前のモテキ到来!!激カワJK5人から同時告白!!エロカワJKのハーレムスペシャル【妄想】

「萌え萌えきゅんきゅん♪おちんちんおちんちん大きくなあれ」 おもむろにパンツを脱ぎ捨てるJKたち 「先輩♪挿れていいですか?」 パンツを脱がされ そのまま挿入。 いつの間にかスカートも脱いでいるれなちゃん。 れな「見てて先輩♪」 すでにギンギンの僕も僕だが、 すでにぐちょぐちょのれなもれなだ。 れなのピストンに合わせてみんなも動く。息はピッタリだ。 気持ちよさそうにしているれなを見て、 みんなからは非難轟々、 「「あたしもしたいぃ〜!」」 そんな声が飛び交う。 制服を脱いでおっぱいを見せつける子、 中のリクエストも多いし、とにかく忙しい。 堪能する間もなく れながイク。 「後ろからも挿れてハート」 行ったばかりだというのに、まだ足らないらしい。 が、これまたすぐ昇天。 イキやすいのか、僕のちんこが気持ちよすぎるのか れなが2回連続でいくと、我先にと、他の子たちが次はあたしと、 せがんでくる。 「「あたしも挿れて欲しいぃ〜!」」 くるりの向きを変え、 「また入れちゃおうっと」 れながまたがる。 れな「激しいのがいい!」 すぐいっちゃうくせにわがままだ。 正直れなはこの5人の中ではあまり対応ではないのだが、 とにかく感度がいいのとなによりおまんこが気持ちいい。 名器というやつなのか。相性がいいのだと思う。 そうこうしているうちに射精感がこみあげてくる 「いいよ!れなに出して!いくいくいく!!!」 思いっきりれなのおまんこにだしてしまった。 おれのザーメンがれなのおまんこから滴りおちるのがエロい 「ねぇ先輩?まだまだできる?できるよね?」 「次はあたしとしてょ」「あたし!」「あたし!」「交代だよ!」 すったもんだのすえ、次はみくちゃん。 騎乗位で挿入。 イッたばかりなんだけど.. それにしてもなぜみんなスカートを脱ぐのか。。。 汚れちゃうから仕方ないんだけど。 「ねえ先輩繋がってるところいっぱい見て♪」 そう言われても忙しい。 みんなが協力してみくちゃんの制服を脱がす。 いいぞ。おっぱいが見れるのは嬉しい。 みんながみくちゃんのち首をいじって遊び出す。 みくちゃんがすぐにいく。おまんこがヒクついているのがわかる。 次はすぐさま後ろから。 これパターンなのか。これ全員分やるのか? 体がもたんぞ。。 両手で他の子のおっぱいを触ったり乳首をいじってもらったり。して遊んでるうちにみくちゃんがまた昇天。 やっぱりだ。 予想通り、また正面から。 「もっといっぱい気持ちよくなろ、先輩♪」 そういって合体。 またみんながみくのち首をいじりだす。 「あっだめっ..気持ちよくなっちゃうからっ。。!」 「いっしょにいこ!先輩!」 「」あ!だめ!またいっちゃう! ピストンが激しくなっていき昇天。 またザーメンでいっぱいにしてしまった。 「あたしもいれたいよぉ〜」 「ね先輩!お願い!」 「我慢できないよ〜」 次は、るか。 「いい?先輩?挿れちゃうよ?」 高齢のJKせっくすおしくらまんじゅう。 えらいもんで、おれのちんこはまだギンギン。 3日ためただけのことはある。 るかもみんなに乳首を責められながら昇天。 すぐさまバック。 最後は正面。 るかの可愛いアニメ声であえぐのがエロい。 「もう我慢できない‥!」 「いっしょにいこ!いこ!いくいくいく!!」 昇天。 「すご〜い先輩!先輩のおちんぽすごいねえ!」 ザーメンたらり。 さあ次は誰だ。 4人目はリオナ。長い黒髪。 おしくらまんじゅう。 さあ、ラスト、おおとり。アイリ。 「いっぱい我慢してたから‥いっぱい気持ちよくなろうね♥」 スカートを脱いでほぼ全裸。 次はおまえら、ちゃんとスカート履いておくように。 アイリのおまんこも気持ちいいけど、何よりここにいる全員のおまんこから俺のザーメンが滴りおちているのという、 この状況がエロすぎる 「せんぱ〜い明日もしようよ♥」 「毎日しようよぉ♥」 「明日も中出ししようね♥」 「「先輩大好き♥」」 順番にキスしておしまい。

【VR】た~っぷりベロチューしながら制服でたっくさんHしちゃお!波木はるか【妄想】

kmp220-222-namikiharuka-.jpg

作品情報

メーカー(ブランド) KMP
公開時間 27分41秒
出演女優 波木はるか
3D 対応(VR+1D対応)
価格 1,200円
詳細・購入 た~っぷりベロチューしながら制服でたっくさんHしちゃお!

小柄で色白な肌、長い黒髪、ぱっちりとした目に、可愛らしい八重歯‥。男はやっぱりこういう女の子に弱い。

付き合って3ヶ月。今日は学校帰りのはるかとホテルでデートです。

セフレプロフィール 波木はるか

生年月日 1993年7月7日 蟹座
出身地 東京都
血液型 A型
身長 158cm
スリーサイズ B81 W58 H83cm(Cカップ)
趣味 料理、掃除、水泳
Twitter @ichinose_haruka
ブログ 阿部乃みくオフィシャルブログ
主な出演作品一覧 波木はるか(なみきはるか) - アダルトビデオ動画 - DMM.R18 - DMM.com

サンプル画像&レビュー

妄想スタート。

※ここからはサンプル画像を交えながらのレビューとなります。管理人の妄想が一部盛り込まれております。サンプル画像はAdultFestaVRさんより。



「わぁ〜凄いねー!広くてきれい〜♪」
「ひさびさに会えたし‥すっごく嬉しい♪」
「なんだか高そうなホテルだね!」

某ホテル。久しぶり会ったはるかがはしゃぐ。こんなホテルで良いなら朝飯前だ。若い娘はハードルが低くて助かるw

久しぶりとは言っても2週間ぶりくらいか。ここ最近、仕事が忙しくてなかなか会ってやれなかった。JKからすれば普通は同じ学校の彼氏と毎日学校で顔をあわせるのだろうから、2週間という時間は、実際ものすごく長く感じていたのだろう。

そんなはるかのために、二人っきりでホテルでゆっくりしようと誘ったのが1週間前のこと。

きっともの凄く楽しみにしていたのだと思うし、きっと特別な時間になる。お互いそう思っていたからこそ、会ってすぐ、はるかがこう切り出した。



「実ははるか‥言いたいことがあって‥ぁたしたちってさぁ、付き合ってもう3ヶ月でしょ?」

「エッチとか‥してもいいよね?」



このご時世。10代の場合、どんなに可愛くても簡単に抱くわけにはいかない。だからこそはるかと出会ってからの3ヶ月、手も出さず大切にしてきた。 だからこそ、こうやって一線を越える瞬間が、必ず訪れる。




はじめてのディープキス。

はるかが積極的に舌をからませる。今までしていた可愛らしいキスとはまったく違う大人のキスだ。

「はぁはぁ‥」

どんどん息遣いが荒くなる。

「舐めてもいい?」

そうつぶやくと有無を言わさず、嬉しそうに僕の乳首を舐める。

いつだったか、ちょっとエッチな話をになった時に、乳首が弱いと冗談交じりで話していたことを覚えてくれているのだろう。

乳首を舐めるはるか

「すごい‥ドキドキする♥」

うぶな表情を浮かべながらもめちゃくちゃ舌を吸ってくるし、僕の体にたくさんキスをしてくれる。

「脱がしてもいい??」
「すごく緊張する‥」

そう言いながら嬉しそうに僕のパンツを脱がすはるか。

これまで数え切れないほどのセックスをしてきたけれど、それでもはじめての女の子とするときはやっぱり少しドキドキする。

表情に出ていたのか僕を気遣ってか、はるかが言う。

「身体が凄くあったかくなってる‥緊張してる?」
「あたしもすっごく緊張してるょ?」

本当に優しい子なのだ。



「あ‥あったかい‥!」

僕の股間を下着ごしにはるかの手が包み込み、そのまま愛おしそうに股間にキスをする。

「ちゅっ‥ちゅっ‥」

「パンツも脱がしちゃうょ?」

「わぁ‥すごぉい♪こういうの見たらなんだか興奮してきた♥」

一気にはるかのスイッチが入っていく。

フェラチオをするはるか

「ちゅっ‥きゅぽっ‥じゅぱっ‥」

「口でするの気持ちいい??」

僕のちんこをしゃぶったり、キスをしたり。そんなはるかが可愛くて気持ちよくて、どんどん理性がなくなっていく。



「すごい‥あたしもあつくなってきちゃった‥脱いでもいい?」
「恥ずかしいけど脱いじゃうね?」

そう言って制服の脇にあるファスナーを上げ、袖のボタンを外す。
胸元のホックを外し、リボンを緩めそのまま脱ぎ捨てた。

できれば制服は脱いで欲しくはなかったけれど、まあ仕方がない。今日は平日、明日もはるかは学校だ。制服を汚すわけにもいかない。僕が制服が好きなことを彼女はまだ知らないし、また今度着てもらおう。何よりスカートははいたままだし紺ハイソもそのまま。全然OKだ。紺色のブラジャーに、首元に残った制服のリボンが彼女の白い肌に映える。

「どう?下着、これおニューなの♥」

「今日、エッチすると思って‥着けてきたよ♪ ‥似合ってる??」

もちろん似合ってるに決まってるし、すっごく可愛い。
それにやっぱりはるかも同じ気持ちだったんだとわかり嬉しくなってキス。

再び僕の股間に目をやる。

「ねぇ‥気持ちいい?」
「ブラとってもいい?」
「恥ずかしい‥」
「おっぱい見える?」

恥ずかしくても、とにかく一生懸命、僕がして欲しいこと、見たいことを考えてしてくれる。そんな献身的な彼女の気持ちが嬉しい。

ブラを外した彼女のおっぱい、僕の顔にあてつけてくる。
Dカップくらいかな?白くてきれいでハリのある10代の女子校生らしいおっぱいだ。ピンク色の乳首がたっていて可愛い。

おっぱいを堪能したら、もちろん次はおまんこが見たくなってくる。

こんなに可愛くて優しい女の子のおまんこはどうなっているんだろう、男なら誰しもそう思うだろう。
それに、おまんこを拝まずに、挿れることはできない。

「え‥はるかのあそこみたいの?」

「‥いいょ‥」



「凄くはずかしい‥」

そういいながら自分でスカートをめくり、ブラとおそろいのパンティを自らずらす。

「どぅ?見える?」

「はぁ‥はぁ‥」

さっきからずっと興奮しているのが、はるかの吐息でわかる。

「どぅ?よく見える?」

僕の顔に跨るはるか。

「恥ずかしぃ‥」

恥ずかしいというわりには大胆だ。普通の女子校生はここまでしないだろう。恥ずかしいのは本当なんだろうけど、それでも僕を喜ばせたいと思ってくれているからか、どんどん彼女を大胆にさせていく。

「パンツも脱いでいい??パンツ脱いでくね?」

片足ずつ脱ぎ、再び僕の上に跨る。片足パンツをリクエストしたいところだが。今日はとにかく彼女とはじめてのエッチを楽しもう。

「恥ずかしい‥どう?」

今からこのおまんこにぼくのちんこをぶちこむ。ほとんど触れてもいないのに、ぐちょぐちょに濡れたはるかのおまんこ。 街で歩いていればほとんどの男が振り返るであろう美少女。アイドルにいたっておかしくないレベル。そんな可愛いJK、はるかのおまんこに、この僕のちんこをぶち込む。そう考えるだけで、どんどん僕の股間は熱くなっていく。

「またおちんちん舐めるね‥」

熱り立った僕の股間に気がづいたのか、はるかが体制を変え、まさかの69。

しかも舐めているところも僕にちゃんと見えるように。

このおちんちんを今から自分のおまんこに挿れるんだ。彼女もそう思いながら咥えてくれているのかもしれない。

長い髪をかきあげながら加える仕草が妙に色っぽい。十代の女の子とは言っても、もう大人の女性なんだよな。そんな風に思う。



「はぁ‥はぁ‥すごい興奮してきちゃった♥」

言われなくてもわかるほど、彼女の興奮はピークに達していた。

「‥もう挿れてもいい??」
「はぁ‥はぁ‥ 挿れてもいいよねぇ‥?挿れちゃよ?」

そう言うと身体の向きをくるりと変え、

「じゃぁこのまま挿れちゃうょ?いい?」

ん?このままって‥「このままの体勢」ってことじゃなく?「ゴムなし」ってこと‥?

考える間もなく、彼女のおまんこへと誘われていく。

はるかと騎乗位

「はぁ‥はぁ‥アツイ‥あっ‥!気持ちぃぃ‥」

さきっぽをぐちょぐちょのおまんこに自らこすりつけ、感触を楽しむ。

彼女の小さなおまんこはいくら濡れていてもキツイ‥締め付けがはんぱない。ゆっくりとゆっくりと入っていく。

「あぁああ‥入っちゃう‥あんっ‥‥入っちゃ‥た‥」



「気持ちい??」

全部奥まで入りきると一生懸命腰を動かす。

「んっ‥んッ‥んっ‥あっ‥」

(パンッパンッパンッパンッ)

気持ち良すぎておかしくなりそうだ。

この小さなおまんこに生で挿れて、そんなに長く持つ自信はない‥。

はるかからバックのおねだり

「うしろからもさぁ‥エッチしてもいい?」

「ぉ願い‥後ろから挿れて‥」

そう言ってはるかがお尻を突き上げる。完全にMだ。まったく最近のJKはけしからんなぁと思いながら、さきっぽをあてがう。

「ぁ‥あったかい‥あぁ‥」

僕に合わせて自ら腰を動かすはるか。その度に制服のスカートが揺れる。

「あっ‥気持ちいい‥気持ちいいょ‥はぁ‥はぁ‥あっあっ」

汗だくになりながら、シーツをキュっと握り感じている彼女が愛おしい。

「あっあっ‥気持ちぃぃ‥すっごい気持ちいいよぉ‥あっあっ」

ピストンのスピードをあげていく。

「ひゃっ‥!ふぇえ〜!」

よほど気持ちいいのか半分泣いているかのように彼女が感じ続ける。

「お兄ちゃん‥気持ちいいよぉお‥!」とか言ってくれないかなw 言ってくれなくても、妹とハメまくってる、そう妄想するだけで、今にも膣内に射してしまいそうだ。

はるかから正常位のおねだり

「ねぇ‥?前からも挿れていい??」

「うしろからも気持ちいいけど‥やっぱりいっしょに気持ち良くなりたい‥」

やっぱり女性はなんだかんだ言って正常位が好きだ。

「そのまま‥挿れて‥!」

「気持ちいい‥気持ちいい‥んっ‥んっ‥」

ダメだ‥もうもちそうにない‥。

はるかはどこに射して欲しいんだろう。この可愛い顔におもいっきりぶっかけたいな、ベトベトに汚して、そのままお掃除フェラさせたい‥。はるかはどこそんな風に思っていた矢先。

「あっ‥あっ‥お願い‥このまま‥このまま中に出して?」

中!中か!最初から中はちょっと‥でも‥!

「‥お願いお願い!あっ!あっ!気持ちいい‥!!ああ!」




!!!!!




!!!!



!!!



!!





「はぁ‥ はぁ‥ はぁ‥‥」




「はぁ‥‥ はぁ‥‥」




「すごおい‥嬉しい‥」

「わぁ‥いっぱい出したね‥!」

「また‥はるかとエッチしよ?」

最後にはるかが優しくキスしてくれた。

【VR】JK阿部乃みくちゃんと篠宮ゆりちゃんの悶絶寸止めプレイ【妄想】

阿部乃みくと篠宮ゆりの女子高生バーチャルヘルス悶絶寸止め

作品情報

主演女優 阿部乃みく篠宮ゆり
メーカー(ブランド) OFFICE K’s
公開時間 29分27秒
3D 対応(VR+1D対応)
価格 1,000円
詳細・購入 阿部乃みくと篠宮ゆりの女子高生バーチャルヘルス悶絶寸止め
みくちゃんとゆりちゃん、2人の女子校生に、乳首責めやフェラ、手コキ、素股プレイで、徹底的に責められ続けます。本番はしませんでしたが「ちんこが入っているかどうかは問題じゃない」射精後にはそう思わせてくれる動画です。寝そべった自分に、みくちゃんとゆりちゃんが覆いかぶさってくる体験は病みつきになります。

セフレプロフィール 阿部乃みくちゃん

どうしよう。クソかわいい。この可愛い顔をザーメンでベトベトにして差し上げたいw

生年月日 1993年10月18日 天秤座
出身地 九州
血液型 O型
身長 155cm
スリーサイズ B80 W60 H83cm(Cカップ)
趣味 カフェめぐり、アニメ鑑賞
Twitter @abenomiku
ブログ 阿部乃みくオフィシャルブログ
主な出演作品一覧 阿部乃みく(あべのみく) - アダルトビデオ動画 - DMM.R18 - DMM.com

セフレプロフィール 篠宮ゆりちゃん

みくちゃん、ゆりちゃん、二人はプライベートでも仲良し。

生年月日 1993年3月13日 魚座
出身地 埼玉県
血液型 B型
身長 149cm
スリーサイズ B80 W58 H80cm(Cカップ)
趣味 散歩、アニメ
Twitter @shinomiyayuri
ブログ 魔法少女で、にーとです。
篠宮ゆりの日記
主な出演作品一覧 篠宮ゆり(しのみやゆり) - アダルトビデオ動画 - DMM.R18 - DMM.com

サンプル画像&レビュー

妄想スタート。

※ここからはサンプル画像を交えながらのレビューとなります。管理人の妄想が一部盛り込まれております。サンプル画像はAdultFestaVRさんより。



可愛い女子校生2人と3Pがしたい。エロいJK2人に責められたい。男なら誰しもそう思ったことがあるでしょう。

そんな誰もが羨む夢のシチュエーションに僕はいます。



寝室のベッドの上で可愛いJK2人が手の届く距離に‥。そして確かな感触。そしてほのかに香るいい匂い。これは決して夢ではないのだと気づく。

JK二人をいっぺんに相手にするなど、もちろんはじめてのこと。

少し緊張している僕に、セーラー服に身をまとったみくちゃんと、ブレザー姿のゆりちゃんがパンイチになった僕のカラダを撫でながらこう囁くのです。

「今日はぁ〜わたしたちが‥いっぱい気持ちよくしてあげるね♥」

「どういうことされるのが好きですか?」

「優しくされたい?」

「それとも‥激しくされたいですか?」

立て続けに言葉とカラダで責められていきます。

涎をたらしながら乳首を攻める二人

可愛いお口から糸を引く涎がなんともいやらしい。言葉責めをしながら、二人で僕の乳首をいじります。涎で、僕の乳首はぐちょぐちょに‥。

両手でJKのスカートの中を貪る

左手でゆりちゃんのおまんこを、右手でみくちゃんのおまんこを弄ります。かなり興奮しているのか、ふたりともかなり濡れているのがパンツ上からでも充分わかります。

三人で乳首の弄り合い

ビンビンに立った彼女たちの乳首、柔らかいおっぱいを堪能しつつ、みくちゃんのおまんこでシコシコしてもらいます。

「いきそうなの?」「もう精子出しちゃうの?」

「ねえ、わたしもしたいんだけどぉ‥もうちょっとガマンしてよ♥」

物欲しそうにゆりちゃんにお願いされ、なんとかこらえる。

3Pは大変だw

可愛い女子校生二人のおまんこを堪能する

選手交代。満を持してお次はゆりちゃん。「いっぱいぬるぬるにしてあげる♥」嬉しそうにパンツを脱ぎ捨て僕の上に跨ります。

みくちゃんは「もっと感じていいんだょ?」って言うし、ゆりちゃんは「まだいかないで‥」と言う、まさにアメとムチ。

「わたしのここも一緒に触って‥」

みくちゃんが僕の右手を握り、自分のおまんこへと誘う。

「おまんこに指つっこんで‥いいょ‥いっぱい好きにして‥」
彼女のおまんこがかなりアツくなっているのがわかる。

嬉しそうに咥えるゆりちゃんと言葉責めをし続けるエロいみくちゃん

気がつくとゆりちゃんは、フェラモードへ。ぐちょぐちょになった僕のちんこをふたりで交互に咥えたり、乳首をいじったりし続ける。

その白くて柔らかいお尻を突き出して僕のちんこを夢中で咥えるのを見ていると、後ろから思いっきりちんこをぶち込みたくなってしまう。僕の精子でぐちょぐちょになったおまんこに、何度も何度も射精しまくりなくなってくる。おまんこから僕のザーメンを垂らしながら、ゆりちゃんと一日中ハメ倒したい。わかっていてわざとやっているのか‥頼むからやめて欲しい、でもやめてほしくない‥。

そんな葛藤に苦しんでいても、それでもまだイかせてはもらえそうもない。二人の言葉責めも終わりそうもなく、気持ちよすぎて、だんだん気が遠くなってきた‥

本当はゆりちゃんのおまんこに入っているのではないか

「いっしょにイってくれる?」

再度、僕に跨ったゆりちゃんからようやくフィニッシュの許可が‥。

「いっぱいゴシゴシしてあげる♥」

二人に責め続けられた僕のちんこは、気持ちよすぎて、もうこれ以上ないくらいに膨れ上がっている。

くっちゅ‥くっちゅ‥くっちゅ‥

彼女の涎とマン汁でぐちょぐちょになった股間から、いやらしい音が鳴り響く。まるでローションをつけているかのようだ。

ゆりちゃんの小さな手で隠れて見えないけれど、目をつむると、本当は彼女のおまんこにはいっているんじゃないかと感じてしまうほど。

彼女たちもこれだけ感じてくれているのだし、これだけ頑張ったんだから、最後の最後にワンチャンあるんじゃ‥なんて下心が出てしまうが、僕には虹恋がいる。もしかしたら彼女たちもそれを知っていて、一線を越えないようガマンしてくれているのかもしれない。そういえばキスもしてこないな。



「あっ‥あっ‥♥」喘ぐゆりちゃん。

「我慢しないで。いっぱい気持ちよくなっていいんだょ?」みくちゃんが優しく囁く。

「イっちゃうよ‥!?」こみあげてくる射精感。

「いっしょにイってね‥!」ゆりちゃんのカラダが仰け反る。

「あっ‥‥イク!!!」





!!!!!




!!!!



!!!



!!





「はぁ‥ はぁ‥ はぁ‥‥」




「はぁ‥‥ はぁ‥‥」




気持ち良すぎてちょっとしばらく動けそうもない‥。このまま寝てしまいそうだ‥。意識が朦朧とする僕に彼女たちが囁く。

ゆり「また気持ちいいことしようね♥」

みく「またエッチなことしにきてね♪」



もう一度声を大にして言おう。

「ちんこが入っているかどうかは問題じゃない」

そんな風に思わせてくれる動画です。

追伸:AVメーカーさんへ

とても素晴らしいコンテンツをありがとうございます。
おかげさまでこんなに可愛いJKたちと3Pをするという念願が叶いました。

なかでも僕の顔の上に、ふたりがそれぞれ跨るシーンは、まるで本物のそれのようで、大変興奮致しました。

おしむらくは、顔の上に跨った彼女たちを見上げると、画面の上の方が青くなってしまい、可愛い彼女たちの顔が見づらかったことです。

願わくばこの点を改善していただけると大変嬉しく思います。

以上、今後のコンテンツ制作の一助になれば幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

【VR】女子校生あゆな虹恋ちゃんが僕の部屋でフェラ&中出しSEX【妄想】

オナニーをする虹恋

作品情報

主演女優 あゆな虹恋
メーカー(ブランド) One Shot Lighter
公開時間 27分31秒
3D 対応(VR+1D対応)
価格 980円
詳細・購入 あゆな虹恋 女子校生が男を誘惑!!フェラ&中出しSEX

虹恋ちゃんのむちむちっとして色白な肌に、黒く長い髪やセーラー服、紺ハイソが映える。サンプル画像だけみても充分可愛い。ヴァーチャルとはいえ、たった980円で、こんな娘に愚息を咥えてもらったり、こんな女子校生のおまんこに中出しできる、そう考えるだけでドキドキしてしまう。

だがしかし、VRの魅力・感覚はサンプル画像ではまったく感じることができない。写真や普通の動画とはまったく違う体験なのだ。サンプル動画もあるのでVRゴーグルを手に、是非一度体験してみて欲しい。

続きを読む

検索フォーム

最新記事一覧

【VR】5人の激カワJKが僕の生チ●ポをガチ争奪戦!!即ハメ5連続中出しSEXスペシャル!!【妄想】 2017/04/01
【VR】空前のモテキ到来!!激カワJK5人から同時告白!!エロカワJKのハーレムスペシャル【妄想】 2017/04/01
【VR】た~っぷりベロチューしながら制服でたっくさんHしちゃお!波木はるか【妄想】 2017/02/12
【VR】JK阿部乃みくちゃんと篠宮ゆりちゃんの悶絶寸止めプレイ【妄想】 2017/01/08
【VR】女子校生あゆな虹恋ちゃんが僕の部屋でフェラ&中出しSEX【妄想】 2016/12/25

管理人のセフレJKたち

全記事表示リンク

MOBILE

QR

メールフォーム

相互リンク・相互RSSのお申込みはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。